大腸ガン治療の考え方

おおざっぱにいって、初期のガン(早期癌)には開腹しないで内視鏡による手術をおこない、進行したガンには開腹手術がおこなわれます。

つまり初期の癌ではガンのすべてを内視鏡で切り取ることができますが、進行したガンではまわりのリンパ腺にまでガンが広がっているため、開腹して切除せざるを得ないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする