大腸内視鏡検査はどこがすぐれているか?

X線検査が大腸の影を観察するのにくらべ、内視鏡検査は直接大腸のなかを観察する方法です。

したがって内視鏡検査のほうが正確に診断でき、しかも病変が見つかった場合、組織検査がおこなえる点や、内視鏡治療が行える点ですぐれているといえましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする