どのようなポリープをとればよいか

大腸ポリープの大半は腺腫という組織からできています。

腺腫はおおきくなるとガンになる性質をもっていますが、ポリープが直径5mm以下であるうちはガン化する心配はありません。

したがって直径5mm以上の腺腫は早めに切り取っておいたほうがいいでしょう。

しかし、腺腫以外のポリープはとる必要はありません。

b1

b2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする