どんな症状がでるの

大腸ガンの70~80%は、肛門に近い直腸やS状結腸に発生します。

ここにガンができると、便に赤い出血やどろっとした粘液がでたり、便が細くなる・すっきり便が出ない・便秘がひどくなる・下腹部の鈍痛や腰痛などの症状をおこしてきます。

これに対し、大腸の奥にガンが発生した場合は症状が出にくく、黒っぽい便がみられたり、下痢しやすい・貧血・体重減少など進行ガンの症状が中心となります。