大腸ガンの危険がある食品とは?

ステーキ第一に動物性脂肪があげられます。

ちなみに毎日牛肉・豚肉を摂る人は月1回以下の人の2.5倍大腸ガンになりやすいといわれています。

つぎにアルコールの飲み過ぎがあげられます。

これはアルコールが酸化してできるアルデヒドが癌化を促進するといわれています。

また、食品ではありませんが、コレステロールの下がりすぎ・高齢出産・出産回数の減少・デスクワークによる運動不足なども大腸ガンになりやすい危険因子といわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする