どういうときに大腸内視鏡検査をうければよいか?

40歳以上になれば、毎年1回便潜血検査を受け、陽性の場合は大腸内視鏡検査をうければよいとおもいます。

しかし、家族に大腸ガンが多いとか、大腸ポリープができやすいかた、便や便通に異常をおこしやすいかた、下腹部の症状がおこりやすいかたは年に1回大腸内視鏡検査をうけることをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする