内視鏡的粘膜切除術・粘膜下層剥離術とは?

大腸の粘膜に直接ガンが発生した場合、はじめのうちは盛り上がりもへこみも僅かであるため、そのままでは内視鏡では切り取れません。

そこでガンの下へ薬を注入してポリープ様に盛り上げ、これにワイヤーをかけ電流を通して焼き切るのです。

ガンが粘膜にとどまっている場合には、浅め(EMR)に切り取ります(内視鏡的粘膜切除術)が、粘膜下層の一部にがんが潜ってくると、深め(ESD)に切り取ります(内視鏡的粘膜下層剥離術)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする