大腸内視鏡下手術とは?

きわめて初期の粘膜ガンに対する大腸ポリペクトミーや大腸粘膜切除術(EMR)と、それよりやや進んだ粘膜下層のガンに対する粘膜下層剥離術(ESD)腹腔鏡下手術があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする