肺ガンを早期発見するためには

40歳になったら、年1回の定期健診をうけ、喀痰検査で痰のなかにガン細胞がないかどうか、また胸のX線検査をうけて肺ガンの有無をチェックしてもらいましょう。

肺の入り口(肺門部という)に発生したガンは胸部単純X線検査では写らないことがありますが、喀痰検査では発見されやすいため、両方の検査をうけるようにしてください。

しかしそれでもチェックできないガンがありますので、喫煙者のかたには胸部CT検査を定期的にうけられることをお勧めします。

さらにヘビースモーカーのかたは、もう少し頻回(年に2回程度)に肺ガン検診をうけるようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする