転移性肺がんとは

肺は血管が非常に豊富で、酸素を交換するため全身の血液が通過する臓器です。

このため、ガンが発生するとガン細胞は肺にもっとも運ばれやすいのです。

肺に転移しやすいガンとしては、大腸ガン、胃ガン、膵臓ガン、甲状腺ガン、子宮ガンなどがあります。

脳腫瘍だけは例外的に肺へ転移することはほとんどないといわれています。