肺ガンはどのようにして診断するか?

単純X線検査、CT検査、気管支鏡検査 、喀痰検査を主とします。

最近は、これらに加えて、転移の検査のために、シンチグラフィーやPETが行われようになってきています。

しかし、大事なのは、X線、CT検査と内視鏡検査です。

胸部X線写真

長年、胸部の検査は胸部単純X線撮影が基本とされてきました。

しかし心臓や血管の影によって肺ガンが隠れて見えないことがあるため、最近はCT検査による肺ガン検診が勧められています。

CT検査

現在、肺ガン診断の基本となる検査です。

腫瘍の存在はもちろん、性状を検討するのにも有用で、この検査を行わなくては、治療方針がたちません。

MRI検査

CTより陰影がぼやけるため使用頻度は多くありませんが、ガンと血管・骨との関係を調べるのに用いることがあります。

気管支鏡検査

気管支鏡を口または鼻に入れ、気管を通り気管支まで観察します。

ついでにガンの疑われる組織を採取します。

気管支鏡が届かない奥のガンには、気管支の奥を洗浄したり、擦って細胞を採りガン細胞の有無を調べます。

PET検査

シンチグラムの一種で、ブドウ糖にくっつけた微量の放射性物質を注射すると、ブドウ糖がガンに集まるので、この特性を生かし、ガンの診断をしようというものです。

5mmのガンなら診断できるといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする