肺ガンの症状

肺ガンは症状が出にくいのが特徴です。

最も多い症状としては、執拗につづく咳があります。

ガンが気管支や肺を刺激するのが原因です。

ガンが気管支を傷つければ血痰が出るようになります。

またガンが大きくなり気管支を閉塞するようになると、息切れや肺炎をおこし易くなります。

またガンが肋骨や肋間神経を冒すようになると胸痛が出現し、太い気管支を閉塞したり胸に水が溜まるようになると、呼吸困難がでてきます。

さらにガンが反回神経を冒すとしわがれ声になり、大静脈を圧迫するようになると首や顔が腫れてきます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする