胃ガンにならないためにはどうすればよいか  

胃ガンに最も関係が深いといわれているのがピロリ菌の感染です。

感染していないひとの6倍も発ガンしやすいといわれています。

ピロリ菌に感染しているかたには是非、除菌療法をお勧めします。

また、塩分の摂り過ぎが発ガンの原因というのもほぼ間違いないようです。

塩辛い漬物・干物を控えるようにしてください。

さらに、可能性が高いものとして、焼き肉・焼き魚のコゲ、保存肉などが考えられます。

喫煙も発ガンに関係しているのはいうまでもありません。

一方、胃ガン発生を防ぐ食事メニューとして、緑黄色野菜やみそ汁が挙げられます。

毎日摂るように心がけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする