内視鏡的胃粘膜切除術(EMR)とは

ガンが胃の表面(粘膜層)にだけ留まっているうちは、胃カメラで観察しながら、ガン部分を切り取ることができます。

この段階では、がん周囲への転移の心配は100%ないことが分かっているからです。

ただし、ガンが高分化型腺ガンであること、大きさが2cm以下であること、潰瘍を伴わないことなどの制約があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする