早期胃ガンの治療について

ガンには高分化型腺ガンと低分化型腺ガンがあります。

高分化型腺ガンはガンが相似形を保って広がるため、大きさ、形が非常に明瞭です。

一方低分化型腺ガンではガンが自由奔放に広がるため、正常部分との境界が分かりにくく、ガン全体の形を捉えにくいのです。

ですから早期ガンの状態であれば、高分化型腺ガンにはなるべく内視鏡を使った手術を、低分化型腺ガンには従来の開腹手術を行うのが基本的な考え方です。

さらに詳述しますと、高分化型腺ガンの場合、ガンが粘膜層にとどまっておれば、内視鏡下に切り取るのが基本です。

そしてサイズが2cm以下のガンには内視鏡的粘膜切除術(EMR)が、それをこえる大きなガンには内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が適応となります。

また早期ガンでも粘膜下層まで広がっている場合は、粘膜下層への浸潤が浅ければESDを、深ければ腹腔鏡を使った内視鏡手術が行われるようになっています。

そしてもし、ガン周囲へのリンパ腺転移がみつかっても、ガン浸潤は僅かであるため、開腹手術でなく腹腔鏡手術で済ませてもよいのではないかといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする