胃ガンの進行度やリンパ節転移はどうして診断するか

胃ガンの進行度はバリウムによるX線検査や内視鏡検査だけでは確実でなく、最近はこれに内視鏡超音波検査を追加するようになっている。

ガンが粘膜層および粘膜下層のどの辺まで及んでいるかで、治療方針が決定されるため、きわめて重要な検査といえます。

またリンパ節転移をしらべるには、腹部超音波検査やCTスキャンがもっとも有効です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする