胃の検診とは? 

従来から胃の検診はレントゲン検査でおこなうのが通例となっています。

これはレントゲン検査が短時間に大勢のひとを検査できるという利点と、レントゲン技師でも施行できるという利点を併せ持っているからでしょう。

一方、内視鏡検査は医師が施行しなければならないうえに、一人当たりの検査所要時間が長くかかるため、検診にはあまり用いられていないのです。

また最近では簡便に血液検査で、胃ガンをみつけようとする試みがされています。

これは、前ガン病変である萎縮性胃炎になると、胃のなかにペプシノーゲンが出なくなるというのを利用した方法です。

萎縮性胃炎とはピロリ菌などで胃の粘膜が荒廃し、潤いのない火事の焼け跡のような状態をいいます。

ペプシノーゲンは血液にも出なくなりますから、これを利用して、胃ガンを早期に発見しようというものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする