肝臓ガンを早期発見するためには

定期健診を欠かさず、肝炎ウイルスのチェックをうけるようにしましょう。

もし、肝炎ウイルスのキャリアーであると判明した場合は、年1~2回の肝機能検査ならびに腹部超音波検査を受けてください。

C型慢性肝炎とB型慢性肝炎に罹った場合には、病状によって数ヶ月から1年に1度のわりで、腫瘍マーカー(血液検査)と腹部超音波検査あるいはCTX線検査をおこない、ガンの発生がないかどうかを調べるようにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする