肝臓ガンの治療はどうするか

外科的切除術がもっとも望ましいのですが、肝硬変などで手術できない場合が少なくありません。

この場合、次のような治療法が有効となります。

1.肝動脈塞栓術

肝臓に栄養を送っている肝動脈を金属コイルやゼラチンで栓をして、ガンへの栄養補給を遮断する兵糧攻めの治療法です。

2.エタノール注入治療法

ガンの大きさが3cm以下の場合、超音波像を見ながら体表面からガン部に針を刺し、エタノールを注入しガン組織を死滅させる方法です。

とくにガンが2cm以下の場合には極めて有効で、切除手術と比較しても生存率に差はないといわれています。

3.経肝動脈化学療法カテーテルを肝動脈に留置し、持続的に抗ガン剤を注入する方法です。

5-FUとシスプラチンあるいは5-FUとインターフェロンを併用し、進行肝ガンの半数以上に非常に効果がみられています。

4.ラジオ波熱凝固療法(RFA)

高周波でガンを焼き切る方法で、マイクロ波による焼灼が直径2.5cmまでに対し、3~4cmまで焼灼できるという強みがあります。

現在、直径3cm以下のガンなら3個までいっぺんに焼灼できるといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする