乳ガンは遺伝するか?

遺伝による乳ガンを家族性乳がんといいます。

乳ガン全体の5%くらいが家族性だろうといわれています。

若くして発症すること、両方の乳房に発症しやすいなどの特徴があります。

また、BRCA1、BRCA2というふたつの原因遺伝子が見つかっていて、アメリカのデータでは、BRCA1陽性の人が52%、BRCA2陽性の人が32%、のこりの16%の人は原因遺伝子が特定できない人でした。

ですからこの遺伝子を持っている人全員が発症するわけではありません。

しかし75歳くらいまでに約80%の人が、50~60歳くらいまでに約40%の人が発症するだろうといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする