乳ガンを早期発見するためには

乳ガンの急増に伴い、厚生労働省は40歳以上のかたには、2年に1度の触診+マンモグラフィー検診を勧めています。

40歳未満でも、家族に乳ガンのひとがいるとか、胸のしこりが気になるという人は、医療機関でマンモグラフィーの検査とともに、超音波検査を受けることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする