乳ガンの薬物療法の考え方

乳ガンの治療で薬物療法が行われるのは次の3つの場合です。

1.ガンを縮小させて乳房温存療法に持ち込む目的で、手術前に使用する。

2.全身に散らばった可能性のあるガン細胞を死滅させ、手術後の再発を防ぐ目的で使用する。

3.進行ガンや転移あるいは再発した乳ガンに対し、延命を目的として使用する。

乳ガンの薬物療法には、化学療法、ホルモン療法、分子標的療法があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする