乳ガンの放射線療法

乳ガンはほとんどが腺ガンです。

一般的には腺ガンは放射線が効きにくいといわれますが、腺ガンの中では、乳ガンは胃、大腸ガン等にくらべ放射線がよく効くといわれています。

乳房温存手術のあと、術後の再発を防ぐ目的で放射線治療が行われますが、抗ガン剤治療は必ずしも全員に行うわけではありません。

更に、手術不能の進行した乳ガンや遠隔転移した乳ガンに対しても放射線治療は有効です。