乳房温存療法の登場

1990年代は、乳ガン手術における革命といっていいほどの変化の時代でした。

具体的に言えば、乳ガン治療として君臨してきたハルステッド手術が急速に影を潜め、乳房温存療法がそれにとって代わったことです。

乳房温存療法は乳房温存手術のあと、術後の再発をを防ぐ目的で放射線治療をあわせて行う治療をいいます。

大規模な臨床試験の結果、両者の生存率に差はなかったという結果がでたのです。

つまり、大きく切除しなくてはならないとする根拠がなくなったのです。

こうして乳房温存療法が確立されていったのです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする