乳ガンはどのようにして診断するか


マンモグラフィー( 乳房X線撮影 )

乳房専用のレントゲン撮影のことです。

乳房を挟みながら圧迫し、薄く均等に広げて撮影します。

多少痛みを感じますが、こうすることによって、最小のレントゲン量で乳房の中を見ることができます。

圧迫したからといって、乳ガンがまわりに広がるようなことはありません。

しこりを造らないために触っても分からないようなガンでも見つけることが出来ます。

しかし、乳房が大きく、乳腺の発達したひとでは、大きなガンでも写りにくいという弱点があります。

乳房エコー検査

乳房が大きく、乳腺の発達したひとには乳房エコーが極めて有力で、ガンの描出に威力を発揮します。

マンモグラフィーでは数枚のレントゲン写真をとるだけですが、乳房エコー検査は、あらゆる角度から乳房全体を探索していきますから、随分時間がかかります。

しかもマンモグラフィーと異なり、検者によって乳ガンを描出する能力に差がでるという弱点があります。

以上二つの検査法はお互いの弱点を補っているため、出来れば両方を受けようにすれば、乳ガンのほぼすべてを発見することができるといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする