なぜ乳ガンが増えているか?

乳ガンが増加している原因は、日本女性のライフスタイルが欧米化してきたことにあるといわれています。

すなわち、仕事に情熱を燃やす結果、結婚しない女性や若いうちは結婚しないという女性が増え、たとえ結婚してもすぐには出産しない女性、出産しても授乳しない女性が随分増えているのです。

ところで、乳ガンの多くはエストロゲンという女性ホルモンがなければ発育、成長しません。

たしかにエストロゲンを分泌する卵巣の切除手術をした女性には乳ガンが出来にくいのです。

生理の期間中はエストロゲンが多量に分泌され、乳腺もエストロゲンにさらされることになります。

逆に妊娠中や閉経になればエストロゲンは出なくなり、乳ガンの危険は遠のくことになります。

日本女性のライフスタイルはエストロゲンに晒される時間が長くなり、乳ガンを発生しやすい状況をつくっているといわざるを得ません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする