食道ガンを早期発見するには

食道がんは他のがんにくらべ進行の早いのが特徴で早期発見の難しいがんといわれています。

初期のがんは僅かな盛り上がりかへこみしか示さないためレントゲン検査で発見するのは容易ではありません。

その点、内視鏡検査では、僅かな変化があってもルゴール液を注入することにより簡単にがんを発見できます。

食道ガンは圧倒的に男性に多く、飲酒・タバコと深い関係があるため、飲酒家や喫煙家は年に1回、胃の検査の際に食道もよく見てもらう必要があります。

できれば最初から内視鏡検査を受けるほうがよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする