食道がんはどうして診断するか?

バリウムを飲んで、食道の傷を発見するか、直接内視鏡検査をうけ、食道のキズをみつけます。

早期ガンの場合は病変の形、範囲が分かりにくいことが多いため、食道粘膜に変色やわずかなデコボコがあれば必ずルゴールを撒布して、ガンかどうかの診断と同時に、病変の広がりを決定します。

つづいて組織検査を行い、最終的にガンかどうかを決定します。

それでもガンの境界が分かりにくい時は、光源のフィルターを狭帯域化(NBI)して微小血管を拡大観察しながら決定します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする