酸性食品とアルカリ性食品

no08_img酸性食品をとると血液が酸性になり、アルカリ性食品をとるとアルカリ性になると勘違いされがちですが、どちらを食べてもからだの中では中和されてしまうため、実際には思ったほどの影響はないといえます。

また、しばしば、アルカリ性食品のほうが酸性食品よりも健康によいというふうな宣伝がされていますが、全く根拠がありません。

したがってどちらを選ぶべきかというのではなく、どちらもまんべんにとるようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする