どんな魚を選べばよいか

焼き魚魚の油には、DHAとEPAという二種類の多価不飽和脂肪酸が含まれており、これらは脳や目の保護あるいは動脈硬化の防止等の働きをしています。

また、魚の蛋白質には“タウリン”というアミノ酸が含まれており、これが脳や肝臓の働きを助け、血圧の上昇を防ぎ、コレステロールを下げる働きをしています。

魚の選択にあたっては、これらのDHAやEPA、タウリンの多く含まれているものがよく、青背の大衆魚(さば、さんま、いわし、あじ、かつお)の多くがこれに該当します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする