コレステロールをへらすには

クッキー
コレステロールは220mg/dl以上を異常とすることが一般的ですが、高令になると240mg/dl程度までは正常と考えていいでしょう。

コレステロールはからだに必要な物質ですから、いくら下げてもいいというわけにはいきません。

結局180~200mg/dlあたりが、寿命を延ばすのには最もいいようです。

コレステロールが高いと、すぐ薬に頼ろうとする人がいますが、たいていうまくいきません。

以下の食事療法をしっかり守ることが絶対不可欠の条件です。

  1. まず減食が第一です。

  2. コレステロールの多い食品をとらないようにしましょう。


    (卵・いか・たこ・するめ・レバー・アサリ)

  3. 飽和脂肪酸の多い食品をとらないようにしましょう。


    (卵焼き・バター・生クリーム・チョコレート・シュークリーム・マーガリン・チーズ・コンビーフ・とんかつ・アイスクリーム)
    飽和脂肪酸にはコレステロールを増加させる働きがあります。

  4. コレステロールをさげる食品をとって下さい。


    (海草・野菜・きのこ・豆類)

  5. タバコは10本以下にしましよう。

    善玉コレステロールを減らす働きがあるからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする