なぜニンニクはからだによいか

ニンニク
ニンニクは体内に吸収されにくいビタミンB1の吸収を良くし、疲労回復や体力増強に効果を示します。

ビタミンB1が不足すると、糖質が十分に燃えないため、からだがだるくなるのです。

さらにニンニクは、血液の凝固や血栓ができるのを防ぎ、強い殺菌力も有します。

にんにくを切ったりつぶしたりすると、分解酵素により「アリシン」という強烈な臭いの物質を発生します。

更にアリシンが分解して、ニンニク特有の臭気を発生します。

にんにくを食べた後、緑茶を飲むと臭いが消されやすくなります。

これは緑茶の成分であるカテキンの消臭効果によるものとされています。

店頭では特有のくさい臭いを落とした無臭ニンニクを見かけますが、これは体内での吸収が悪く、ニンニク本来の効力はだいぶ失われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする