漬物は健康食品といえるか

漬物
漬物は食欲をそそる副菜として、食卓に欠かせない食品のひとつですが、栄養価の点からみれば、それほど高い評価は得られていません。

つまり、代表的なぬか漬けでは、ぬかの中のビタミンB1・B2が漬物に入り、ビタミンは豊富といえますが、むしろ食塩の含有量が問題となります。

漬物には、しその実や数の子、たらこ、魚卵、梅など、味や品質を変化させないために加熱殺菌していないものや、密封していないものがあり、これらは10%以上の食塩を含んでいますから、とりすぎに注意する必要があります。

一方、袋に密封された調味漬物や、日持ちのしない一夜漬、漬菜類、しば漬、奈良漬、わさび漬などは塩分が少ないため、比較的安心してとっていいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする