じゃがいもが健康食品といわれる理由

医療じゃがいもは、大きさの割にエネルギーは少なく、少量で満腹感が得られるため、肥満などの成人病対策にもってこいの食品です。

ちなみにじゃがいも2個分で、ごはん一杯分に相当します。

じゃがいもの蛋白質は良質のアミノ酸を含んでおり、ビタミンB群・Cやミネラルも豊富に含まれています。

じゃがいものビタミンCは熱に非常に強く、煮たり焼いたりしても壊れにくく、ガン・高血圧・心筋梗塞などの成人病の予防や、美容に効果が期待できます。

また、じゃがいもに多く含まれるカリウムは、体内のナトリウム量を調節して高血圧を安定させ、むくみを改善する効果があります。

整腸作用、便秘の改善効果がある食物繊維や、貧血の予防になる鉄分も多く、まさに栄養の宝庫と言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする