白身魚と赤身魚はどちらがよいか

赤身の魚はミオグロビンという色素を多く含むため、赤味を帯びていますが、蛋白質の量は、白身魚と差がありません。

しかし赤身魚の血合い肉には、鉄・亜鉛のほかDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が多く含まれており、栄養価は非常に高くなっています。

一方、白身の魚は、脂肪の含有量が赤身魚の半分以下であるため胃腸に負担が少なくてすみます。

昔から胃腸の調子がわるいときに白身魚がよいといわれるのは、そのためです。

no24_img

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする