「糖質ゼロ」と「糖類ゼロ」

「糖質ゼロ」や「糖類ゼロ」は近年、ダイエット食品の表示にしばしば見受けられます。

 糖質とは、炭水化物(炭素を含む化合物)から、食物繊維(消化酵素で分解できない食物成分)を除いたものです。  

糖質には、これ以上分解できない最小の糖質である単糖類(ブドウ糖や果糖)とブドウ糖が2個くっついた二糖類(ショ糖、乳糖、麦芽糖)のほか、3個から10個くっついたオリゴ糖、それ以上の多数のブドウ糖がくっついた多糖類(デンプンやグリコーゲン)があります。

 

 甘味の単糖類と二糖類 「糖類」

このうち、単糖類(ブドウ糖や果糖)と二糖類(ショ糖、乳糖、麦芽糖)は、特に注目する必要があります。

というのは、このふたつはお菓子や果物、ジュースなど甘味が強く、消化吸収が早いので血糖が急激に上昇します。そこでインスリン(血糖を下げるホルモン)が急遽分泌される結果、糖が細胞に取り込まれて体脂肪、脂肪肝となり、メタボを引き起こしてしまうのです。 

そこで「糖質」のうち、単糖類(ブドウ糖や果糖)と二糖類(ショ糖、乳糖、麦芽糖)を特別に扱い、「糖類」と呼んでいます。

 

「糖類」と多糖類を含む 「 糖質」

これに反し、オリゴ糖は消化吸収されにくく、血糖は上がりにくい特徴があります。    

つまり、オリゴ糖は消化されずに大腸まで届くので、善玉菌の餌となって大腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善します。このため整腸作用のほか、肥満防止の代替甘味料や虫歯予防の歯磨き粉としても用いられ、特定保健用食品(健康増進に寄与する食品)に指定されています。 

また、多数のブドウ糖がくっついた多糖類(デンプンやグリコーゲン)はエネルギー源ではありますが、消化吸収が遅く血糖値の上昇が緩やかなため、体脂肪になりにくいのです。

  

 「糖類」対策と「 糖質」対策

つまり糖尿病や脂肪肝を気にする人々にとっては、甘味の強い「糖類」対策が必要であり、肥満を気にする人々にとっては、甘いものに加え、ごはんやパンを減らす「糖質」対策が必要といえましょう。

 

現在、食品100ミリリットル(または100グラム)に含まれる糖類が0.5グラム以下であれば、「糖類ゼロ」と表示し、糖質が0.5グラム以下であれば、「糖質ゼロ」と表示してよいことになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする