サプリメント 

サプリメント
サプリメントという言葉は「補足」、「追加」という意で、足りない栄養素を補助する食品という意味です。

なんらかの理由で食事がとれない場合、不足する栄養素だけを補うために用いられます。健康なひとが、さらに健康に良いと思って飲むものではありません。

サプリメントはビタミンやミネラル、タンパク質、アミノ酸、脂肪酸などの栄養素とファイトケミカルやハーブ類、動植物の有効成分などに大別されます。

代表的なものは以下のようになります。

  • ビタミン
  • ビタミンA ビタミンB ビタミンC ビタミンD ビタミンE ビタミンH ビタミンK ビタミンP ビタミンU

  • ミネラル
  • 亜 鉄 銅 クロム セレン マグネシウム カルシウム カリウム ナトリウム コバルト コバラミン モリブデン ヨウ素 リン

  • アミノ酸
  • トリプトファン スレオニン ロイシン イソロイシン リジン メチオニンフェニルアラニン ヒスチジン アスパラギン セリン プロリン グルタミン チロシン

  • 必須脂肪酸
  • αリノレン酸 EPA DHA アラキドン酸 ガンマリノレン酸

通常サプリメントは、錠剤、カプセルの形をとり、薬剤に似るため薬のイメージを持たれがちですが、決して薬ではなく、食品です。

サプリメントは健康食品(健康補助食品)と重なる部分が多いのですが、複数の栄養素がつまった食品ではなく、ある特定の栄養素だけが凝縮されているので、健康によいと思って摂りすぎると、かえって健康を損なってしまいます。

たとえばビタミンB群、ビタミンCなどの水溶性ビタミンは摂りすぎても尿で排泄されますが、ビタミンA,D,E,Kなどの脂溶性ビタミン)は摂りすぎると尿に排出されにくく、過剰症をおこしてしまうのです。

できれば医師に相談してから摂るようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする