抗酸化物質(スカベンジャー)

ワイン
活性酸素は病原体から身を守るのにある程度必要ではありますが、過剰につくられると逆にからだを老化させてしまいます。

この発生した活性酸素を消去する物質を、総じて抗酸化物質(スカベンジャー)といいます。

私たちの体には、もともと活性酸素を抑える力があります。

例えば「抗酸化酵素」と呼ばれるSOD(スーパーオキサイドジスムターゼ)や、カタラーゼ・グルタチオン・コエンザイムQ10などの物質です。

しかし一方では、身の回りにストレスやタバコ・酒・高脂肪食品など、活性酸素を増加させるものが溢れています。

しかも中年以降はSODなどの抗酸化物質は急速に減少していきます。

そこで、野菜や果物に含まれる酵素・ビタミン・ミネラルなど抗酸化物質を含む食品を摂って、活性酸素から身を守ろうとする動きが注目されてきたのです。

抗酸化作用のある野菜や果物には次のようなものがあります。

  • カロテノイド
  • βカロテン(緑黄色野菜)、ルテイン(ケール・ほうれん草)、アスタキサンチン(鮭・イクラ)、リコピン(トマト)

  • ポリフェノール
  • アントシアニン(ブルーベリー・赤ワイン)、ケルセチン(そば)、ルチン(そば)、カテキン(お茶)、イソフラボン(大豆)ロズマリン酸(シソ)ゴマリグナン(ゴマ)

  • 糖関連物質
  • ペクチン(リンゴ)、フコイダン(海藻)、βグルカン(キノコ)

  • ビタミン
  • ビタミンA(レバー・うなぎ)、 ビタミンE(アーモンド)、 ビタミンC(ピーマン)、 スルフォラファン(ブロッコリー)、タンニン(お茶)

活性酸素を消去するには、抗酸化作用のある食品だけを摂るのではなく、抗酸化物質の働きを助ける亜鉛(レバー・カキ)やセレン(まぐろ・あんこう)などの摂取も必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする