静かなる死 “アポトーシス”

自己犠牲な細胞

聖書指に分離する前の胎児の手、ウイルスに侵された細胞あるいはガン細胞など、そのままではからだの成長を妨げるとか、自らの命が危うくなるような細胞は、死んでもらわなければいけません。

そこで我々のからだは、そういう厄介な細胞があらわれたら、自ら死を選ぶようにプログラムされているのです。これをアポトーシスと呼びます。

実はそういう死に方をコントロールしている司令塔はミトコンドリアにあります。

つまりミトコンドリアの命令により、細胞処理を担当する酵素が現われて、不適切な細胞の殻の部分を切断し、他の酵素が細胞の核に入り込んでDNAを切断します。

そこにマクロファージがあらわれて、細胞の残骸を食べてしまうのです。

切断したDNAを細胞の外に出さないため、まわりの細胞に迷惑をかけることがありません。

自己犠牲ともいえる静かな死に方です。

迷惑な細胞

これに対し、もうひとつの細胞の死をネクローシス(壊死)と呼びます。

けがや火傷などで細胞が傷つくと、破裂して死んだ細胞から、細胞のなかにあった内容物が放出され、周囲の細胞に炎症が波及します。

まわりの細胞に多大な迷惑をかける死に方で、アポトーシスとは対照的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする