ブルーベリーの魅力

ブルーベリー
第二次世界大戦中、英国空軍爆撃機のパイロットがブルーベリージャムが塗られたパンを毎日食べていたところ、夜間の空中戦でも敵がよく見えるようになったというエピソードがあります.

研究の結果、ブルーベリー(とくにその一種ビルベリー)に含まれるアントシアニンが、目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助けていたためだと判明しました。

ロドプシンの働きが鈍ると、物が見えにくくなったり、視界が曇ったりするため、眼精疲労が進んでしまうのです。

ブルーベリーは目に良い?

国立健康・栄養研究所の調査によると、ブルーベリーやビルベリーに含まれるアントシアニンの視力改善効果は残念ながら確認できないということですが、すでに我が国では、ブルーベリーを用いた健康食品が「目の網膜に良い」といって市販されているのが現状です。

一方、ヨーロッパでは、ブルーベリーを素材にした医薬品で白内障の進行が抑えられたという報告もあります。

したがって視覚に関する評価は定まっているとはいえませんが、それを差し置いても、ブルーベリーにはポリフェノールのもつ強力な抗酸化力が魅力となっています。

すなわち、動脈硬化を防いで老化を遅らせ、発ガンを予防する効果が期待されているのです。

そのほか、ブルーベリーにはビタミンC、ビタミンE、食物繊維が豊富に含まれ、健康維持に役立っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする