日和見(ひよりみ)感染

日和見とは、通常まわりの状況に応じて自分の態度を変えるという、あまり好ましくない意味に用いられています。

日和見感染とは高齢や病気により免疫力が低下した場合、そのひとのからだに常住している平素は無害な菌が、突然暴れはじめるものをいいます。

つまり、菌やウイルスの立場からみれば、長らく棲息してきた相手が弱ってきたのに乗じ、隙をみて感染をおこし繁殖しようという状態です。

したがって健康なひとに感染することはなく、通常問題になることはありません。

具体的には、大火傷や外傷で抗生物質投与中、ガン・白血病などの化学療法中、エイズや臓器移植で免疫抑制剤を使用中、膠原病などでステロイド療法中などに出現します。

多くは入院中に罹る

その多くは入院中に罹るため、一般に日和見感染は院内感染症として取り扱われています.

代表的な微生物は、細菌では、MRSAなどの黄色ブドウ球菌・緑膿菌セラチア菌・大腸菌など、真菌ではカンジダ・ウイルスではサイトメガロウイルス、原虫ではカリニ(肺炎)原虫などです.

日和見感染を起こす細菌には抗生物質に耐性を獲得しているものがあり、いったん発病すると有効な薬剤が少ないため、治療に難渋することが少なくありません。

たとえば、日和見感染の代表的な細菌であるMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)は、ペニシリン耐性黄色ブドウ球菌に有効なメチシリンに対し、耐性を獲得した黄色ブドウ球菌です。

健康人の口や皮膚などには常在していて、普段症状をおこすことはありません。

ところが手術などで免疫力が低下した状態では、傷口に感染やMRSA 腸炎などを引き起こし、有効な薬剤がないため敗血症や多臓器不全をおこして死亡することも珍しくないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする