5. 遺伝子が傷つくと老化が進む?

ビーチ
紫外線や放射線などの有害物質、あるいはミトコンドリアで酸素からエネルギーを作る際発生する活性酸素により、細胞の核にある核酸(とくにグアニン)が破壊され、遺伝子に傷がつくことが分かっています。

若いときは免疫力が旺盛で防御機構が働き、活性酸素の攻撃を防いでくれますが、年をとるに従って防御機構が崩れ、活性酸素も増えるため、細胞の寿命は短縮され、老化が早まるというわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする