4. 長寿は遺伝子だけで決まるか?

老人必ずしも遺伝子だけでは決まりません。

“DR1”のような長寿遺伝子をもつ遺伝子エリートでなくても百歳を迎える人は沢山おられます。

また長寿遺伝子といわれるものは実はほとんどの人が持っていて、そのスイッチをオンにすることができるかどうかのほうが問題なのです。

最近発見された“Sir2”という長寿遺伝子は、食事制限をしてカロリーを抑えることでスイッチが入ることが分かっています。

またポリフェノールは“Sir2”を活性化することも分かってきました。

また、“AMPK”という長寿遺伝子は、筋肉が収縮することでスイッチがオンになることが分かりました。

しかも軽い運動を持続することによってそれが活性化するというのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする