9. 長寿のためのキーワード(2) 活性酸素を取り除く方法(運動療法)


わたしたちのからだには、酸化防止システムが備わっており、日常は酵素、たんぱく質、ビタミンなどがサビ止めの働きをし、活性酸素を消してしまう働きをしているのです。

しかし一度に大量の活性酸素が発生した時にはこの防御システムが破綻してしまいます。

したがって、できるだけ活性酸素を発生させない工夫と、サビ止めが沢山つくられるような工夫が必要です。

活性酸素を分解してしまう代表的な酵素がスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)です。

SODは銅(魚介類)、亜鉛(種実類)、マンガン(植物油)などの金属成分をもつため、活性酸素から余分な電子を取り除き、おとなしい過酸化水素に変えることができるのです。

SODは毎日60~90分ゆったりした持続運動をつづけることで増加します。

ラジオ体操や散歩、水中ウォーキングやサイクリング、ジョッギングの中から自分に合ったものを選び、毎日続けることが大切です。

逆に激しい運動をすると、呼吸数が増え活性酸素が急増しますから、注意してください。

また戸外で運動する場合、日差しの強いときは活性酸素が発生しやすいため、紫外線対策として帽子、サングラス、服装、日焼け止めクリームなどを用意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする