12. 運動が過ぎるとどうなるか?

運動息をつぐひまがないほど激しい運動をすると、酸素不足となり、体に蓄積された糖分を乳酸に分解してエネルギーを得ようとします。

このときATP(生体のエネルギーの元となる物質)を分解するキサンチンオキシダーゼによりミトコンドリアで消費される酸素の一部が活性酸素に変わり、老化が促進されるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする