スルフォラファン

ブロッコリー
スルフォラファンとは、ブロッコリーやかいわれ大根・キャベツ・カリフラワーなどに含まれるフィトケミカルの一種で、ピリっとする辛味の元となっている成分です。

ブロッコリーに含まれる抗ガン物質として発見されました。

とくに発芽3日目の新芽(スプラウト)には、成熟ブロコリーの10倍以上のスルフォラファンがあることが判明し、注目されるようになりました。

フリーラジカルによってDNAが損傷され、発ガンの危機が迫ると、スルフォラファンは損傷したDNAを修復する酵素を分泌し、ガンの発生を抑える働きをします。

また胃ガンの原因といわれるピロリ菌の殺菌作用もみられます。

またスルフォラファンは体内に摂り込まれると、抗酸化酵素の生成を促進して強力な抗酸化作用を発揮し、その効果は、摂取後数時間のビタミンC・ビタミンEにくらべ、3日間も持続します。

大豆と一緒に摂ると、一層吸収がよくなるといわれています。

そのほか、グルタチオンの生成を促し、新陳代謝を活性化する働きや、解毒酵素を活性化して肝臓の解毒力を高めます。また、紫外線から目や皮膚を防御し、心臓病や高血圧の予防にも役立つといわれています。