ポリデキストロース

Corn
ポリデキストロースは、トウモロコシから人工的に作られた食物繊維で、その働きは天然の食物繊維とまったく変わらず、極めて安全な食材です。

ブドウ糖、ソルビトールにクエン酸を加えて作るため、ほとんど無味・無臭で甘味はありません。エネルギーも1gで1キロカロリーと低く、水によく溶けます。栄養価としてはほとんどないといえます。

また、ヒトの消化酵素では分解されないため、からだへの吸収もゆるやかで、血糖もわずかしか上がりません。また、非う蝕性のため、虫歯になりにくい利点もあります。

さらにポリデキストロースは、胆汁酸を吸着し、便として排泄します。胆汁酸はコレステロールを原料にして作られるので、結果的に血液中のコレステロールを減らすことにつながります。

このためポリデキストロースは、糖尿病や高脂血症、肥満の予防を目的に開発された経緯があります。

現在、日本では薬品でなく食品に分類され、ドリンク剤や加工食品などに使用されています。

あくまで食物繊維ですから、摂りすぎると下痢を来たすので注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする