“ビタミン”がなくても生きていけるか?

ビタミン
ビタミンは糖・タンパク・脂質のように身体の材料やエネルギー源にはなりませんが、これがなければ健康を維持できず、生きていくことはできません。

つまり、自動車でいえばオイル(潤滑油)に相当します。いくらガソリンを満タンにしても、オイルをさしておかないと車が動かないのに似ています。

必要な摂取量は僅かですが、不足すると途端に体調を崩してしまうのです。

現在ひとに不可欠なビタミンは13種類で、水に溶けやすい水溶性ビタミンと、油に溶けやすい脂溶性ビタミンのふたつに大別できます。

水溶性ビタミンは、次の9種類で、加熱や水洗いをし過ぎると失われます。

ビタミンB1   糖の代謝を円滑に、神経の機能を保つ

ビタミンB2   代謝を円滑に、成長を促進。過酸化脂質の分解を促進

ナイアシン(ニコチン酸) 代謝を円滑に、アルコールを分解

ビタミンB6   蛋白の代謝を円滑に、神経伝達物質を合成

ビタミンB12  赤血球の合成、神経伝達物質を合成

葉酸      核酸の合成、赤血球を合成

パントテン酸  副腎皮質ホルモンの合成

ビオチン    皮膚、髪の毛を保護

ビタミンC   コラーゲンの合成。解毒作用。抗酸化作用

脂溶性ビタミンはつぎの4種類で、油と一緒に調理するとからだに吸収されやすく、摂りすぎると体内に蓄積され、吐き気、嘔吐、頭痛などをおこします。

ビタミンA   網膜の色素になる。皮膚粘膜の保護。免疫能の向上

ビタミンD   大腸でのカルシウム吸収を促進

ビタミンE   抗酸化作用。老化防止。過酸化脂質の生成を抑制

ビタミンK   血液凝固因子を合成し止血作用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする