餌を与えて善玉菌を増やそう

バナナ イチゴ 

プレバイオティクスとは

善玉菌である乳酸菌を直接とりいれるのではなく、餌であるオリゴ糖や糖アルコールを摂って善玉菌を増やそうとする方法で、プレバイオティクスと呼びます。

オリゴ糖は3種類以上10種類までの比較的少ない糖類が結合した化合物で、オリゴ糖のオリゴとはギリシャ語で少しを意味します。

オリゴ糖の種類

オリゴ糖は容易に分解されず、吸収されないまま大腸へ届くため、善玉菌の恰好の餌となっています。善玉菌がオリゴ糖を分解すると、酢酸や乳酸などが発生します。このため酸性に弱い悪玉菌が繁殖できず、善玉菌の多い腸内環境となります。

善玉菌が増えると、血中に善玉コレステロールが増え、動脈硬化の予防につながります。またオリゴ糖のカロリーはブドウ糖の半分しかないため、糖尿病を予防でき、ダイエットにも効果的です。

オリゴ糖には、フラクトオリゴ糖(ゴボウ、玉ねぎ、にんにく、アスパラガスなど)、ガラクトオリゴ糖(母乳、牛乳、乳製品など)、 大豆オリゴ糖(大豆や豆乳、味噌など)、イソマルトオリゴ糖(味噌・醤油・清酒・はちみつなど)などがあります。

低カロリー甘味料の効果

また、糖アルコールとはブドウ糖、オリゴ糖などと同じ糖質の仲間で、低カロリー甘味料の総称です。

糖アルコールはブドウ糖などに水素原子を2個くっつけたものですが、消化酵素で分解することができないため、低カロリー甘味料になります。熱や酸、アルカリに強く、消化吸収されにくい、虫歯になりにくいという特徴を活かして、食品や医薬品、工業製品などに幅広く利用されています。

しかし分解されないまま大腸まで直行するため、水分が吸収できず、大量に摂ると下痢をおこします。

糖アルコールは天然にも存在する甘味料で、

キシリトールはバナナ、イチゴ、人参、ホウレンソウ

ソルビトールはリンゴ、ナシ、プルーン

マンニトールは昆布、タマネギ、キノコ

に含まれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする