新型インフルエンザが流行すると、どのくらい感染するか?

渡り鳥
日本政府は人口の約1/4の人が感染し、医療機関を受診する患者数は最大で2,500万人と仮定して、対策を講じています。

また、過去に流行したアジアインフルエンザやスペインインフルエンザのデータに基づき推計すると、入院患者は53万人~200万人、死亡者は17万人~64万人と推定されています。

しかし、これらはあくまでも過去の流行状況に基づいて推計されたものであり、今後発生するかも知れない新型インフルエンザが、どの程度の感染力や病原性を持つかどうかは不明です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする